BLOG

2018年

1月

04日

Happy Newyear 2018年

明けましておめでとうございます。

本年も何卒よろしくお願い致します。

2017年

8月

10日

Summer Vacation

ご無沙汰しております。

 

夏はいいですね。

 

 

先日友人から

「ビーチボーイズ(というテレビドラマ)」が

ちょうど20年前と聞かされ、時の流れの速さを改めて実感しました。

 

さて今更ながらかもしれませんが、

お盆明け頃からTAZUNE公式インスタグラムを始めようと思います。

 

アカウント

tazune_official

 

もしよろしければ是非チェックをお願い致します。

 

2017年

4月

10日

Spring

暖かくなってきて、

桜が咲いて、

花見をして、

ようやく春らしくなってきています。

 

話は変わって、

時間があれば新旧問わず映画を観まくっております。

読書もそうですが、様々な世界を知った気になります。

 

大ヒット上映中の「LA LA LAND」も最高でしたが、

つい先日「T2 Trainspoting」を観てきました。

 

傑作でした。

 

 

こういった場所でぶっちゃけた事柄は述べられませんが、

興味のある方、オススメです。

1をチェックしてから観るのが良いと思われます。

 

 

2017年

1月

12日

Happy Newyear 2017

遅ればせながら明けましておめでとうございます。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

何かとバタバタしております。

一向に落ち着く気配がございません。

ですので今年もTAZUNEにとってはいい一年になりそうです。

また、新しい試みが既に始まっております。

様々な人々に協力してもらっています。感謝です。

 

なのですが現状では伝えるツールが限られており、

各職人さんやバイヤーさんとの共有で終始しています。

また時間の問題で、それに伴う活動ができておりませんが、

どうやら今年から徐々にお伝え出来そうです。

 

引き続き、何卒よろしくお願いいたします。

 

 

2016年

10月

31日

CINEMA H.P.FRANCE

自分を飾るもの ・FASHION

家を飾るもの ・ LIFE STYLE

人生を飾るもの ・ MEMORIAL

 

全てをJEWERY(装飾)と考え、

その時、その場所で性別や年齢にとらわれることのない、

自分にしかないスタイルを提案している、

CINEMA H.P.FRANCE さん。

 

TAZUNE Limitedアイテム含め、

多くご覧いただけます。

 

恵比寿店・大阪店・福岡店と

3店舗にてお取り扱いいただいております。

 

ご興味ございましたら是非、足を運んでみて下さい。

2016年

9月

06日

2020 TOKYO

晴天が続いております。

 

毎日、世界中のどこかで、様々なことが起きています。

その全てを確認することはできません。

 

さて、

タイムリーではないですが、

最近個人的に気になったものの一つとしては、

本当に「Skateboad」が、

2020年東京オリンピックにて正式に追加種目として決まったことです。

 

これにてスケーター人口、それに関わる企業も増えていくことになりそうですね。

 

当たり前のことかもしれませんが、

オリンピックの競技になるということは、

ルールができるということです。

あくまでもオリンピックでのルールということですが。

 

ルールが出来上がるということは、

滑り方に正しい、悪いという価値観が付与されるということです。

 

いったんルールが出来上がってしまったら、

もうルールが無かった頃を思い返せないほど、そのルールが当たり前になり、

「常識」になっていきます。

 

スケートボードをプレイすることが評価の対象になり、

(点数という尺度で)優劣を判定されるということです。

 

90年代にXゲームが決まる時にも同じ問題が起こったと聞きましたが、

今回は歴史長く、様々な利権が絡むオリンピックです。

 

スケートボードはもともと海外で発祥し、商業的にも成功し、急激に広く認知されるようになりました。

 

もはやオリジネーターの方々が、築いてきたカルチャーを飛び越え、

単に背景の無いモノとして、ファッションアイテムとしても認識されています。

 

身近な友人達に聞いてみても、様々な意見が返ってきます。

「どうでもよくね。」から

「あたかも自身がムーブメントを作った第一人者であるかのようなカリスマ見解笑」まで。

 

 

今後どのような道を辿って行くのか気になるところです。

 

 

 

2016年

6月

17日

René Descartes

出典:Wikipedia

6月にもなり、早くも半年が過ぎました。

本日は梅雨ながら晴天です。

 

さて今回はTAZUNEの商品に付属している、下げ札や、織りネーム、コンチョなどをよく見ると「CONQUER YOURSELF,NOT THE WORLD.」などと言語が記されている話です。

 

これ、何なのか。

数人につっこみいただきました。

ちょっと説明させていただきます。

 

2016年となった現在でも古くからの習慣や迷信によって、

科学的根拠がなくても信じられていることがたくさんあります。

善し悪しの価値観ってことは置いて。

 

上記の言葉は17世紀(1596331-1650211日)

の近世哲学の祖であるフランスの哲学者ルネ・デカルトが言いました。

「我思う、故に我あり」で有名なヒトです。

「我思う〜」とは、乱暴ですが簡単に言ってしまえば、

彼は物事の真偽を明確にすることで、真理を見つけようとしました。

 

デカルトは、真理とは誰がどのように疑っても、

きちんと証明できるものではならないと考え、

少しでも疑いの余地があるものは切り捨てて物事を考えるようになります。

 

しかし、疑っても1つだけ疑いきれない事実がありました。

それはデカルト自身が存在しているという事実です。

 

われ思う、ゆえにわれあり」という言葉は、

いくら物事を疑っていても(われ思う)、

それを疑っているデカルト本人がその場に存在していている(われあり)事実は否定できない、

そんな状況から生まれた言葉です。

 

そんなデカルトが残した言葉の中で、

CONQUER〜」とは「世界ではなく、自分を征服せよ」という意味です。

 

これに関して言えば、簡単に書いてしまうと安易な自己啓発的なものになってしまいます。

もし興味があればデカルトの入門書的なモノ(専門書は慣れている方は別として、難解です)を読んでみてはいかがでしょうか。面白いですよ。

2016年

5月

17日

MARK GONZALES - TOKYO SILK SCREEN

マーク・ゴンザレスの個展が

原宿アートスペースAMにて開催されています。

 

説明不要かもしれませんが、

マーク・ゴンザレスは1968年カリフォルニア州出身の、

プロスケーター兼アーティスト。

自身のKROOKEDブランドの運営から様々な活動をされております。

 

彼の人間味あふれる作品が鑑賞できます。

 

僅々ですが5月20日(金)まで開催中とのことです。

 

興味ある方、オススメです。

2016年

4月

20日

EXIT THROUGH THE GIFT SHOP / Does New York

最近観た映画の中で特に印象的だった作品を紹介したいと思います。

 

 

上記2本は、

『EXIT THROUGH THE GIFT SHOP』

『BANKSY DOES New York』

 

 

BANKSY(バンクシー)という、

ロンドンを中心に活動するストリート・グラフィティアーティスト関連の作品です。

 

もともと無価値なモノが価値あるモノになってしまう、

「価値」発生の現場がうまく表現されています。

 

また群衆の心理描写もしっかりとぶっ込んであり、共感とともに、

自身も群衆の一部であることを改めて認識させられました。

 

 

 

邦題は『黒猫・白猫』

 

1998年の作品

製作国ドイツ・フランス・ユーゴスラビア

監督エミール・クストリッツア

脚本ゴルダン・ミヒッチ

音楽ノー・スモーキング・オーケストラ

 

 

やりたい放題です。

作品全体を通して人間愛に満ちており、、、

などとそういう視点はいらないかもしれません。

ただ単純に観て、笑う。それでよし。

詳細を思い出すだけで吹き出してしまいそうです。

忘れた頃に、また観たい一本。

 

興味もたれた方は是非。

2016年

1月

07日

Happy new year 2016

明けましておめでとうございます。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

2016年始まりました。

今年は様々なことにチャレンジしたいと思ってます。

既に動いている企画などもあったりしますので、カタチになり次第報告させていただきます。

 

NEWSにて告知させていただいておりました、

TAZUNE「From Tokyo」シリーズのプロモーションが新宿伊勢丹・メンズ館B1Fにて

「ISETAN JAPAN SENSES」と連動して、開催中でございます。

もしご都合よろしければ是非お立ち寄り下さいませ。

2015年

12月

28日

Wishing you a Happy New Year.

いよいよ今年も残りわずかです。

このマニアックなブログを読んで下さっている、

マニアなあなた様。ありがとうございました。

 

一年を振り返ると、本当にあっという間でした。

今年も仕事の関係有無にて様々な方々にお話を伺う機会があり、

勉強させていただきました。

 

久々に新旧問わず、映画10選です。

年末年始、ゆったりと時間がある方、

もしよろしければ参考にしてみて下さい。

 

それでは、また来年も何卒よろしくお願い申し上げます。

2015年

11月

21日

Neue Futako Tamagawa town front

News にて告知させていただきました今月18日までのイベントの様子です。

※イベントは既に終了しております。

期間中ご覧になって下さった方々、ありがとうございました。

Neue二子玉川店は「From Tokyo」「Feeling」シリーズに関しては、

常に取り扱いが多い店舗です。

 

ついつい手に取ってしまう様なオモシロい日用雑貨が充実しています。

気になられた方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

2015年

10月

28日

ISETAN JAPAN SENSES

Shinjyuku men's B1F & Osaka LUCUa1100 8F

「世界で通用する日本の良さを改めて新しい価値として再認識し、日本を元気にしていく」

をコンセプトに、日本の伝統や技術が宿るモノ・コト・ヒトを紹介していく三越伊勢丹グループの

取り組みである、「JAPAN SENSES」にTAZUNEも参加しております。

「From Tokyo」シリーズがご覧いただけます。

11月2日までの予定ですので、よろしければ足を運んでみて下さい。

2015年

9月

08日

Henry Charles Bukowski

価値とはあらかじめモノ(コト)に内在されているわけではなく、

ある関係性の中からのみ生じる。

 

回りくどい表現になってしまいました。

 

「勝手に生きろ!(Factotum)」1975年・都甲幸治訳・河出文庫

 

ずいぶん前に友人からオススメされた本でしたが、

再読したら大変面白かったので紹介します。

 

表題にあるように、

作者はヘンリー・チャールズ・ブコウスキー(1920年8月16日-1994年3月9日)

アメリカの詩人・作家です。

 

「ブコウスキーの作品は、彼の地元ロサンゼルスの土地と風土に強い影響を受けており、

また、彼の作品は現代の多くの作家に影響を与えている…。」出典:Wikipedia

 

 

上述したように、

改めて「価値」の問題を考えさせられました。

 

単純にこの本を読んでしまうなら、

いわゆる「健全な社会生活」からはみ出した主人公が、

繰り広げる日常のぐだぐだ物語といったところでしょうか。

 

しかしながら、

一見ぐだぐだで、あまりにも身も蓋もないといった表現の中に、

存在感と、主人公の曇りの無い審美眼が浮かび上がってくることが驚かされます。

 

「常識」や「普通」はある基準からみたものであって、

それ以外のものではありません。

 

・・・などと、もっと長文を書こうと思いましたが、やめておきます。

主人公(多分ほぼ作者)からしたら「うるせー」から。

 

2015年

8月

22日

JURASSIC WORLD

出典:http://www.jurassicworld.jp

これぞ、エンターテイメント作品という感じでした。

圧倒的なヴィジュアルと随所に製作スタッフのこだわり愛が感じられ、

あっという間に鑑賞させていただきました。


乱暴に言ってしまえば、

ストーリー的には「ジュラシックパーク」と大差なく、

オーソドックスで、ベタな90年代ハリウッド映画かもしれません。


しかし、この作品に関していえば、

そんなことは些細なことであり、小さな小言など簡単にのみ込んでしまう

壮大なスケールと迫力を有しています。


現時点でのエンターテイメント作品という観点からみれば間違いなく

傑作の一つになるのではないでしょうか。










2015年

8月

01日

THANK YOU AND GOOD BYE

既に公式アナウンスもされておりますが、

株式会社サザビーリーグが運営する、「And A」8月末をもって、

全店舗閉店とのことです。


メンズ・レディースのMDの方々、企画、生産管理の方々、

今まで大変お世話になりました。

またAnd Aの方々と他のカタチでお仕事させていただくかもしれませんので、

引き続きよろしくお願い申し上げます。

ラストWネーム企画。

 

これは TAZUNE 定番のクラッチショルダーをベースに、

AndA用オリジナルレザー× 縫製と型の仕様を変更加えたモノです。

男女兼用でご使用いただけます。

 

 

THANK YOU AND GOOD BYE !


 

2015年

4月

28日

Shinsaibashi DAIMARU

※イベントは今週で既に終了しております。

常設分に関してはご覧になっていただけます。

 

大丸心斎橋店でのフェアの様子です。

反応も良く、充実したものとなりました。

ご来店していただいた方々、ありがとうございました。

 

2015年

4月

03日

Cherry blossom tree

春の訪れです。


先日歩いてきた、

千鳥ヶ淵の桜です。素晴らしいです。



私事ですが、

前を向いていて、新しいコトに積極的に挑戦していくという

チャレンジャー達と関わる機会が、最近多くなってきました。


大人になってもアツいヒトたちは話しが尽きません。




2014年

12月

27日

INTERSTELLAR

INTERSTELLAR 観ました。

クリストファー・ノーラン監督のSF映画です。

ストーリ上の演出や難解な設定、

突っ込みどころ満載でしたが、

そんな細かいことはどうでもよく圧倒的な映像美と、

世界観に魅了されました。

 

約3時間と長い映画でしたが、

それでも詰め込み過ぎている感が否めなかったので、

理想をいえば、

3部作などにしてほしかったなぁなどと思いました。


ネタバレになるので、

興味ある方はチェックされてみてはいかがでしょうか。

個人的にはオススメです。

 

 

さて、

早いものであっという間に年末です。

 

本年TAZUNEに関わって下さった皆樣方、

支えて下さった皆様、このマニアックなブログをご覧いただいてる方々、

大変お世話になりました。

 

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

それではよいお年を。

 

 

 



2014年

10月

27日

RADIO SLAVE

久々の更新です。

 

テクノ系を聞き直すと膨大な時間がかかります。

 

何枚かピックアップしたかったのですが、

素晴らしい曲が多く、なかなか選びきれないので、

RADIO SLAVEのみご紹介です。

 

一言でいえば「最高」。

単なるファンとしての個人的な感想ですが。

 

勝手に尊敬している方の一人です。

なんてセンスのあるヒトなんだろうと、

心の底から思います。

 

RADIO SLAVE名義だけではなく、

色々とオモシロイ活動をされています。

 

残念なことに、

来日は最近されていないと思いますが、

もし興味ある方は検索してみて下さい。

 

http://www.rekids.com/

https://www.facebook.com/like.radio.slave

 

 

MADE IN JAPAN

World Wide

All Domestic

TAZUNE タズネ